整体+科学の力で自律神経失調症、椎間板ヘルニア、妊婦整体に真価を示します。

腰痛

腰痛に対して

 

85%の患者さshutterstock_151156913んは病名をつけられない「不確定な要素による腰痛」
になります。 即ち「レントゲンで骨に異常無し」と言うことに
なろうかと思います。 「骨に異常無し」というのは、腰椎や椎間板に
変形等が認められない という意味に解釈して良いと思いますが、
カイロプラクティックの見方からすると腰痛には、
腰椎のサブラクセイションが認められますので、
アジャストで神経を整えれば痛みは解消します。
また、『筋肉が張っている』と感じるのは腰部、臀部の神経の情報伝達が
誤情報を 送り続けているためです。

人間の諸症状は『脳を含めた神経伝達』の問題です。

つまり、マッサージをいくらしようとも、根本にある神経伝達を整えない限り、
延々と腰痛は続き、足の痺れ、婦人系疾患なども併発しだします。

骨盤は3つの骨で形成されており、骨盤だけで18種の変位の種類、
腰椎で 8種類の変位が存在し、正確に把握しアジャストします。

これを整体では骨盤を3種類の矯正、腰椎は2種類ズレを認識し、矯正をします。
いかにカイロプラクティックのアジャストが正確であるか、
また、有効性があるか分ると思います。
神経を整えると、脳から腰部、臀部へ

正しいその人の本来あるべき状態に戻って行きます。

  

病院で、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎捻挫(ぎっくり腰)・
脊椎分離症・腰椎分離症・腰椎すべり症・変形性腰椎症・椎間板症・椎間関節症・骨粗鬆症・
圧迫骨折の診断を受けた方につきましても、アジャストは有効です。

『痛みは加齢による椎間板、軟骨の擦り減りが原因だと言われたました』について

もしも加齢による椎間板、軟骨の擦り減りが原因だとすれば
高齢者の方の全員が痛みを訴えるはずではないでしょうか?
それなのに何故、痛いと訴える人と、そうでない人がいるのでしょうか?
確かに椎間板、軟骨の擦り減りが原因の場合もあるでしょう。しかし問題なのは、
何故その患部の部分だけの椎間板や軟骨が擦り減ってしまうのかが問題なのです。
これは明らかにその患部の椎間板や軟骨に継続的な負担がかかり続けてしまった結果であると言えます。
そうであれば今後はその患部の椎間板や軟骨に負担のかからないような身体作り、
ケアをしていくという事が大切となります。
サブラクセーションによる神経の接触、圧迫、
またそれらに伴い起こってしまう身体のアンバランスなどが患部の椎間板や軟骨を擦り減らせてしまい、
痛みの根本原因となってしまっているという可能性も十分にあり得るのです。
当院では、椎間板や軟骨が擦り減ってしまった、
という結果として出てしまった症状に着目するのではなく、何故そうなってしまったのか、
という点に着目し、ケアをしていく事で、それ以上の椎間板や軟骨の擦り減りを抑え、
身体バランスの改善、神経機能の向上により、痛みの改善へと導いていければと考えます。
骨に異常がないというのは『骨そのものには異常はない』という事だと思われます。
病院(医師)では主に骨折や癌、感染症などの病理学的所見や変化などの状態を診て判断します。
しかしカイロプラクティックでは、全身のバランスから、神経に関与する骨格の構造、
椎骨の退行性変性におけるサブラクセーション退化の状態、椎骨の変位の方向や程度、
椎間板の状態の把握などを確認し、問題のある個所を把握していきます。
これはカイロプラクティック特有のもので病院の診断基準とはまったく異なり、
病院では『まったく問題がない』という事で処理されてしまうところです。
ですが、実はこれは非常に重要な事であり、あなたのその痛み、お悩みは、
骨そのものに異常はなくても、骨の変位(サブラクセーション)が問題となり、
発症している可能性も十分にありますので、一度カイロプラクティック観点からのレントゲン撮影、
分析にて把握される事をお勧め致します。

また、産後の腰痛産後の骨盤矯正につきましても、どうぞ安心して御相談ください。


ご予約お待ちしております。(休診日:水・木)  TEL 093-531-9703 午前10:00~13:00 / 午後15:00~20:00

PAGETOP