整体+科学の力で自律神経失調症、椎間板ヘルニア、妊婦整体に真価を示します。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

皮膚の問題の発症には二つの内因・外因が関わっています。
アトピー性皮膚炎は内因によるものです。
外因によるものは病院にての治療になります。

①内因に対して:

人にうつらない大部分の皮膚の問題は、遺伝性素因や体質、
また内臓の病気など本人の内因が関係していますので、
内因=皮膚の症状にかかり易い体質から治さなければなりません。
皮膚の問題の最も多くのケースに関与しているのが、
副腎、甲状腺というホルモン分泌
の機能の低下です。
また、ワクチン接種後の皮膚の問題も数多く
ご相談頂いています。

背骨のズレ→神経の乱れによって脳から副腎、
甲状腺への命令がみだれます。
本来健康な人なら副腎で作られる副腎皮質ホルモンが
適量に分泌されます。
しかし、背骨のズレのある人は脳から副腎への命令に
誤情報が送られ、
適量の副腎皮質ホルモンが分泌されません。
その足りない分をステロイドとして患部に塗ったり、
服薬して補います。

カイロプラクティックの矯正により神経の乱れを
正常に戻せば、副腎皮質ホルモンが少しづつ適量の
分泌していき、皮膚は正常に戻って
行きます。
症状改善後も続けることにより、病気の再発を防ぎます。

アトピー性皮膚炎20年の水戸谷千華子さん。カイロプラクティック・ケアの継続と脱ステロイドにより、このように改善しました。表情も明るくなり笑顔が素敵になってます。

こちらは、ケアをスタートする前のお写真になります。

②外因に対して:

細菌、ウィルス、火傷による皮膚病は適応できません。病院にて診断を受けて下さい。

難治性の皮膚病では、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)を使用することが多いですが、これには副作用があり社会問題にもなっています。カイロプラクティックは薬を使わず症状が改善しますので、安心して治療を受けて頂けます。


ご予約お待ちしております。(休診日:水・木)  TEL 093-531-9703 午前10:00~13:00 / 午後15:00~20:00

PAGETOP