整体+科学の力で自律神経失調症、椎間板ヘルニア、妊婦整体に真価を示します。

四十肩、五十肩

四十肩、五十肩について

 

腕を上げようとしたり回そうとすると、腕の付け根に激しい痛みとともに、
それ以上腕が上がらない、回らない症状で、40代~50代の方がなりやすいため、
四十肩、五十肩と言われています。
以前は50代以降から発症しやすい為、50肩と呼ばれました。
それが近年、40代で発症される方が多くなり、40肩とも呼ばれ始めました。

最近では30代前半でも多くみられます。

初期は腕を動かす時だけに痛みが出ますが、悪化すると平静時にも痛み、寝ている
時にも痛み出します。これを「フローズンショルダー」と呼びます。

 

四十肩、五十肩に対しての施術

 

①前下内方変位

一番多く見られるケースです。
上腕骨、二の腕の部分の骨が前下内方(前方、下方、内方に同時に)に変位しているため、
これを アジャストします。
次に下部頚椎、(頚椎5番から頚椎7番)をアジャストします。

これにより神経の乱れが除かれ、脳から肩周辺の組織に正しい命令が伝わることで、
肩周辺の緊張を和らげ、そしてなにより滑液(肩関節の中のオイルのようなもの)の分泌を
促し根本的に改善させます。

②後上方変位

一割の方に見られるケースです。
激しい痛みを伴い、フローズンショルダー(凍結肩)と呼ばれます。

こちらも上腕骨をアジャストします。
次にアトラス、頚椎1番をアジャストします。

肩の施術は他の部位より時間がかかることが多いですが、一度なおると再発はありません。

 


ご予約お待ちしております。(休診日:水・木)  TEL 093-592-0003 午前10:00~13:00 / 午後15:00~20:00

PAGETOP